toggle
2020-04-02

RogueFitness個人輸入実例

トレンドターゲットさんを利用して個人輸入された方より情報共有を頂けましたので、記事として残したいと思います。

情報共有いただいたH様ありがとうございます。
また、コロナの影響で時間が取れず、公開までにお時間をいただきましたことをお詫び申し上げます。

最後の「ブログ主からのお礼と感想」以外は、H様からいただいたテキストを再構成したものです。

個人輸入した感想

H様から提供いただいた所有ジムの写真です。

海外輸送について

〇アメリカから日本への輸送費は総計で1636$でした。

高いか、安いか?

数百キロにも及ぶ鉄の塊をアメリカから日本へ望んで運ぼうというわけですから、「高額になっても仕方ないかな。」とういうのが私の意見です。
この輸送費を全くの無駄であるとお考えの方は、そもそもROGUEを選択肢には選ばないと思いますし、今回の輸入の経験から言わせて頂ければ、
正直に申し上げて「この程度で済んだ。」であります。自分で選んだ「これだ!」という器具をジムで組み立て、トレーニングに励める価値を考えますと
仕方のない出費であると考えます。

転送会社の質

輸入にあたり、結果としてトレンドターゲットさんを利用させて頂きました。他にも選択肢は持っておりました。

これから、ご自分で輸入をお考えの方にアドバイスお伝え申し上げられるとすれば、「最安輸送にこだわらない方が良い。」、「信頼出来る会社を見つける事。」この2点強く申し上げたいと思います。

トレンドターゲットさんにお願いする以前に、他社で輸入を考えておりましたが、トラブルが起こってしまい、その転送会社さんがあろうことか知らぬ存ぜぬという対応でしたので、輸入出来ませんでした。
そのトラブルとは、ROGUE社から送付先についての質問・確認事項があり、転送会社よりの回答が求められているにも関わらず、「お客様の方でのご対応をお願い致します。ストアへのご連絡等は一切行いません。」との回答でした。

このような対応をする会社は避けて下さい。この程度の対応が出来ないという事は、本当の輸送トラブルが起きた場合にも「輸入はあくまで自己責任」で済まされる可能性が高い、というかそうなります。
結果的に大きな損害を被る結果になるかもしれません。

トレンドターゲット社について

では、私が利用したトレンドターゲットさんはどうなのか?と言いますと、結論としてはROGUE輸入に関わらず、大型の輸入をお考えの方は利用すべきというのが私の意見です。
なぜか?
①問い合わせのレスポンスが早い。また報告も”まめ”である
②輸送手段の選択肢を顧客に提案、決定を委ねてくれる。
③トラブルの際、率先して解決に当たってくれる。
④売上税還付について助言してくれる。(ワシントン州荷受けでしたが、売上税はROGUE社より全額還付されました。)
⑤木パレットで荷受けされたとしても、箱発送可能な場合、箱発送してくれる。(その分重量は軽くなります。つまり安くなります。)
⑥英文サポート等、言語についての補佐が素晴らしい。

以上まだまだおすすめできる点は多くありますが、上記のような顧客の不安要素にもれなく対応して頂けます。
特に初めての輸入との事ならば尚更おすすめ致します。

運ぶなら空輸か船便か?

「まるっと商業ジム並みの施設器具を輸送したい」以外であれば、空輸の方が良いと思います。
理由はコスト的に変わらないという事と、早く着くという事ですね。
この辺の「コスト的」な空輸or船便の選択もトレンドターゲットさんはその境目を見極め、提案して頂けます。
商業ジムを開くといったオーダーであれば、何も言わずとも船便を提案されると思いますよ。

購入にかかったコスト

転送会社経由とROGUE直接購入の明細

国内購入 MBCパワー購入の明細

私のROGUE GARAGE GYMは683,608円となりました!

H様提供の所有ジム写真

購入アドバイス

ROGUE公式直送の利用について

今回、ROGUE器具、関連する製品を4回に分けて、購入しました。ワザと分けている訳ではなくて、結果そうなってしまいました。
最初からそのつもりであれば、1回目で全て購入してしまった方が、コストダウンは出来たと思いますが、まあ仕方ないですね(笑)ラックが届いてジムに設置した後、「これもあった方がいいな。あれもあった方がいいな。」というのが出てくるわけですよ(笑)分かって頂けますよね(笑)

さて、その内の一つにROGUE直送をしています。直送はコスト的には割高です。おそろしく高いですね。ですが、「重い物と軽い物の組み合わせ」であれば、転送 会社利用とさほど変わらない金額になる場合もあります。
例えば、モノリフトとストラップセーフティを購入する際にhome timer とバナーを同時に購入しました。輸送が403$となっていますが、モノリフトとストラップセーフティだけの場合で399$でした。つまり、hometimer とバナーは4$の追加で送ってもらった訳です。転送会社利用での場合も計算もしましたが、2千円ほどの差額でした。
この程度の差であれば、梱包状態によっては、転送会社の場合、再梱包などで手数料も取られるかもしれませんし、ほぼ変わらないと判断しました。
それ以上に、直送は発送から自宅まで4日で届いたことに驚きました。直送はとにかく早く着きます。通常は転送会社利用しますと2週間程度はかかるかと思います。
このケースにおいてはいい判断だったと思っています。

国内販売ECについて

国内販売の上手な利用

ROGUE購入にあたり、購入先としてMBCパワーさんは当然にリストされると思います。
私が思いますのは、MBCパワーさんのサイトカタログに欲しい物があって、かつ在庫があるのであれば購入してもよいのではないのでしょうか。
消費税還元もキャンペーン対象(2020年6月迄の予定ようですね。)に加え、国内配送ですから、自宅到着まで早いです。
特にMBC推しのHR-2ラックはお得だと思いますよ。ストレージ、セーフティの有無も選べるようです。もともとHR-2ラックが欲しい方は安心して購入できるかと思います。
一方で武器屋.netさんもROGUEを扱いはじめましたね。オハイオパワーバーが攻めた値段で提供されています。カスタムや色にこだわりがないのであれば、
間違いなく武器屋さんでしょう。ラックなども同じような攻めた金額設定にしてもらえたら、ROGUE愛好家としては嬉しいですね。

個人輸入のすすめ

ROGUE直送、転送会社利用、いずれにしても直接購入をお勧めします。

わざわざ、購入するのに手間がかかったり、高額になるROGUEを選ぼうとしている方、(そう、これを読んでいるあなた!)は直接購入をすべきと思います。
理由としては、
①本家サイトは製品群が豊富です。きっと「これだ!」というものが見つかります。
②ROGUEのカスタマーサービスは親切です。
③カスタムオーダーが出来ます。細かく注文をつけられます。
④見ているだけで楽しいです(笑)

ざっと思いつきますのはこんな感じです。遠慮なくカスタマーサービスに分からなことは聞いてみましょう。
英語はgoogle先生が何とかしてくれます。

カスタムオーダーも結構な無茶ブリに応えてくれます。
例えば、私はラック高さを調整してもらいました。デフォルトでは倉庫には配置出来ませんでしたが、おやすいご用といった感じで対応してもらえます。
カスタムカットは切り口が汚いなどの書き込みを目にしたことがありましたが、綺麗なレーザーカットで再塗装されており、いい仕事されてました。
また、スポッターアームをブラックからレッドに、なども個別に応えてもらえます。私は、今回は悩んだ挙句、デフォルトのブラックで通しました。
ネームプレートクロスメンバーなんかもオリジナルロゴで作ってくれたりもします。こだわりの強い方ほど相性がよいメーカーだと思います。
出来るかどうかまず尋ねてみましょう。答えは「yes!」の方が多いと思いますよ。
こういう事が可能なのも直接オーダーならではだと思います。代理購入などでもお願いできるかもしれませんが、細かいニュアンスやイメージといった
繊細なオーダーになるので、ご自身でやるべきだと思います。

ブログ主からのお礼と感想

今回の記事は、テキストもH様からご提供いただき、再構成して公開させていただきました。
2020年2月中頃には今回の情報共有いただいておりましたが、コロナの影響で私の仕事が尋常ではない忙しさとなり、4月上旬までお時間をいただくこととなりました。
あらためてお詫び申し上げます。

また、わかりやすくROGUE愛に溢れた解説ありがとうございました。

H様が書かれているように、個人輸入を行うためには、信頼できる転送会社を探す事、場合によっては日本国内で在庫を持っているお店と比較検討するなど、柔軟な思考が重要と思います。

ROGUEで器具を揃える場合は、正直安くは買えません。鉄の塊をアメリカから運ぶというすさまじくコストのかかる買い物ですから当然です。

それでも、ROGUEで揃えたいという情熱がある方が無駄に高いコストを払わなくて済むように情報共有を行っています。

コロナが終息するまでは、飛行機の減便で輸入は厳しいと思いますが、H様の情報がROGUEファンの役に立てれば幸いです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です