toggle
2020-02-05

ROGUE RML-3W FOLD BACK WALL MOUNT RACK レビュー

ローグフィットネス社のマウントラック購入にあたり、一番困ったのが日本語情報はもちろん、公式サイトにも欲しい情報がないことでした。

公式サイトの購入レビューを読んでも「最高にかっこいい!」「大好き!」「取り付けが少し難しい(なにが難しいかは不明)」など、必死に読んでもいまいちな情報しかありませんでした。

そこで、私が輸入して1年間使ってみた感想をまとめて、今後購入される方の為に使い勝手や感想を残したいと思います。
日本全国の中で、5~6人の方に刺さる情報かもしれません!

ウォールマウントである必要があるのか

HAPPY PLAN

”ウォールマウント”壁掛けラックは、トレーニング器具として日本では聞きなれませんが、アメリカではメジャーなガレージジムを想定して作られたラックです。
ガレージ使用想定のため、駐車時には邪魔にならないように畳んでおけるのが特徴です。

私がバックマウントラックを選択肢に入れたのは、新築時に検討していたトレーニングルーム(六畳)のスペースを有効活用できるのではないかと考えたためです。

この記事にたどり着いた素晴らしきマイノリティな貴方も、私と同じく六畳のスペースを有効活用できないか考えている事でしょう。

1年間使ってみた結論からいいますと、六畳のスペースで機能性だけで選ぶならマウントラックではなく、ハーフラックをお勧めします。

ROGUEFITNESSであれば、”SML-2 ROGUE 90″ MONSTER LITE SQUAT STAND“あたりをお勧めします。
または、日本で入手しやすくアフターフォローも万全と思われるPOWERTEC(パワーテック) ハーフラック WB-HR19などが良いと思います。ラットオプションがあるのが羨ましいです。

壁固定であることのデメリット

レイアウト自由度の低さ

マウントではなくハーフラックをお勧めする理由としては、六畳のスペースではどの壁面に取り付けてもウェイトを取り付けにくい、またはベンチを動かしにくいという問題が出ます。

六畳だから当然ではあるのですが、導線に余裕がないです。

導線に余裕がないのは、幅などのサイズが同じになるハーフラックも同じですが、幅が広い側の壁面に自由に配置できるのが便利です。
ダンベル、プレート、シャフトなど、トレーニング器具が増えるほどレイアウト自由度が低いウォールマウントのデメリットが際立ちます。

畳むのが大変

最大の特徴である折り畳みですが、ガレージで車を停めるときに畳んでおきたい、ラックがある部屋で寝泊まりしているから布団を敷くときに畳みたい、などの切実な理由がない限り畳むメリットはないです。

理由としては、畳むのに結構な労力を要します。
2mの高さにあるパーツを取り外す必要がありますし、5分以上は時間がかかります。

HAPPY PLAN

このように畳んでいることはまれです。

そもそも壁に取り付けるのが大変

HAPPY PLAN

※写真は取り付け作業時です。プロと素人補助の大人2人で3時間かかりました。

私の場合は、家の設計段階でラック装着を想定して、部屋に大きな窓をレイアウトしなかったので収まりよく見えますが、建売などの場合は窓が邪魔で装着できない場合も考えられます。
また、壁と床はラックが乗ることを想定して、耐荷重補強もしています。

取り付け作業については、私は家を建てた工務店さんに事前にお願いしていました。
その際に手伝いましたが、素人の自分が一人で取り付けるのは無理と感じました。

DIYに自信があり、重たいものを持ち上げる補助が可能な大人1名の手伝いが頼める方はチャレンジしてもよいかなと思うレベルです。
あと、壁にアンカーを打ち込めるかの確認もお忘れなく。

壁固定である事のメリット

メリット かっこいい!!!!!そう思いませんか!!!以上!!!!!!

選んだオプション

私がマウントラックと同時に購入したオプションをご紹介します。
※ベンチとウェイトはラックのオプションとは言い難いため除外します。

Stringer Pair(ストリンガー)

HAPPY PLAN
HAPPY PLAN

壁に取り付ける際に固定するパーツです。これを買わない場合は、下の画像のように、木の板などで代用することになります。
オプションになりますので、必ず別途購入をお勧めします。

Rogue Fitness 公式サイトより
https://www.roguefitness.com/rogue-r-3w-fold-back-wall-mount-rack

SAML-24 MONSTER LITE SAFETY SPOTTER ARMS(セーフティバー)

HAPPY PLAN
HAPPY PLAN
HAPPY PLAN

ベンチ、スクワットの種目で必須となるのではないでしょうか。
自身の安全のために必ず買いましょう。

ROGUE VERTICAL BAR HANGER(バーハンガー)

HAPPY PLAN
HAPPY PLAN

これは、買って良かったと思っています。
Rogueでは他にもバーストレージが販売されていますが、この吊り下げ式が一番収納しやすく、取り外しやすいと思います。
壁掛けタイプも販売されていますが、常時20kg以上の荷重が分散せず直接壁にかかりますので、日本の住宅事情ではハードル高めと思います。

その他、補足事項

オリンピックシャフトを選ばないほうが良かった件

HAPPY PLAN

シャフトと壁の間が22cmぐらいです。合計100kgを超えるプレートを使わない私のようなライトトレーニーは、長さ2mのThe Bella Barを買う選択肢もありかなと思います。
左右合計20cm短くなるだけでかなり使い勝手が向上すると思います。

壁に打ち込むネジの長さ

これは、昨年ブログ経由で質問が来ましたので、記事としても残しておきます。

HAPPY PLAN

ストリンガーを購入している場合、訳7cmのビスが10本付属してきます。
このビスで壁面に固定することになります。

HAPPY PLAN
HAPPY PLAN

購入、取り付けを検討されている方の参考になれば幸いです。

レビューのまとめ

畳めることで部屋を有効活用できると考えて検討されている場合は、正直なところお勧めはしません。想像以上に畳むのが面倒です。部屋が6畳ぐらいだと、狭さが畳む動作の難易度を上げます。
逆に10畳以上の部屋であれば、レイアウトの自由度が上がる事と畳む事の難易度が下がるので、見た目に価値を感じる方には購入ありと思います。

畳まないのであれば、後々移動や配置変更ができるMonster Lite Rack RML-3、または思い切ってMONSTER LITE SQUAT STAND SML-2のスクワットスタンドを選択するのもありじゃないでしょうか。

まとまりませんが、最終的には見た目が好きかどうかです。
Rogueを買いたい貴方ならば、見た目が気に入ったなら妥協しないほうが幸せです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です